最近は埋葬方法も多様化しており、様々な方法がありますよね。その中の一つに樹木葬というものがあります。樹木葬とはお墓に納骨をするのではなくて霊園の敷地や自然の山へ木や草花の下に骨を埋葬する方法です。この方法は自然に還ることが出来る埋葬方法と今とても注目が集まっています。では、樹木葬について費用など詳しく紹介したいと思います。

樹木葬の費用

樹木葬は埋葬場所が霊園敷地の公園型、里山型のどちらかによっても変わるのですが、一般的には墓石を利用する方法よりも安くすむことが多いと言われています。そして、費用相場はだいたい20万円程度から高くても70万円程度で利用できます。墓石を立てると数百万の費用がかかるので、それに比べたらかなり安く出来るので、費用を抑えたい人にも樹木葬はとても注目されています。

メリット

一般的な墓石は代々継承していかなければいけませんが、最近では継承する人がいないというのが話題になっていますよね。樹木葬は墓地を継承する必要がないので、一般の永代供養などと同じように霊園、墓地側が管理を行ってくれます。ですので、継ぐ人がいないという場合も樹木葬を選ばれる人が非常に多いです。そして、一般的な埋葬に比べて費用を抑えられるというメリットがあります。墓石を購入すると墓石の費用が必要なので莫大な費用がかかってしまうのですが、樹木葬は墓石が必要ないので安く済ませられるというメリットがあります。墓石を立てると家族にも負担がかかってしまうことが多いので家族にもメリットがあります。


負担のかからないお墓なら樹木葬にお任せ下さい




デメリット


樹木葬は管理された敷地のみで行えるものなので、どこにでも行なえるわけではありません。自分で近隣の山などに埋葬すると法律違反になってしまうので、好きなところに埋葬できないというのが大きなデメリットです。そのため、樹木葬が行える場所を探さなければいけないので、自分にとって縁がない土地に埋葬しなければいけない可能性もあります。そして、個別に管理しない型式の樹木葬では後で遺骨を取り出すことが出来ません。また、個別であっても遺骨をパウダー状にして散骨される場合は遺骨が形を失ってしまう場合があります。また、樹木葬で一番ネックなのは比較的新しい方法なので親族の賛同を得る事が難しいことです。いくら本人の希望であっても現実にはそれが叶わない事も多いのでまだまだ実際に行うのは難しいことが多いです。そのため、親族間でのトラブルになる可能性もあるので、本人が希望しても必ずしも周りの人が賛成してくれるとは限らないということを覚えておきましょう。もし、どうしても樹木葬を希望したいなら周りの人に良く相談して決める事が後々もめない秘訣です。

このように樹木葬のメリットデメリットを紹介しました。まだ最近知られたばかりの方法なので知らない人が多いと思います。ですが、埋葬方法もこれからどんどん多様化してくるので、これからもっと有名になっていくことでしょう。少子化で墓を継承する人がいなくなっていく可能性があることからこれからさらに注目を集める事になりそうです。もちろん昔からの埋葬方法も良いのですが、手軽に出来る樹木葬も金銭的なものからメリットがたくさんあります。ですが、やはり、デメリットもたくさんあるので両方を考えた上で実際に利用するか考えるようにしておきましょう。もし、自分が樹木葬が良いと思ったら家族に最初から相談しておく事をおすすめします。まだ注目されてから日が浅いので反対される可能性もあるのですが、はやり、前もって話し合っておくことが非常に重要です。もし、樹木葬に興味があるなら詳しく調べてどのようなものかを確認してくださいね。

関連記事

    None Found