2つの違いは発毛剤で、
自分で薬局等で購入した発毛剤と病院で処方された発毛剤はどちらも医薬品であるが
医薬品以外の発毛剤の選択肢があるので自分の状況に合わせて発毛剤を選べます。
クリニックの治療方法は基本的には医薬品発毛剤で、
オリジナルの肌に優しい成分の発毛剤を使っている所もあります。
医薬品発毛剤は市販のものから海外から個人輸入で買えるものまであるが、
成分濃度が自分の身体に合っているものかが分からないです。
病院で処方されていれば、医師が検査を行って適切に組み合わせているので安心出来ます。
1番気になるのが費用で、発毛剤には手軽に低コストで始められるのもメリットです。
薄毛治療は病院であっても命には関わらないので、
健康保険の補助を受けられないので高額になります。

しかしかなり高いのかというとそうでもなく、
1か月の費用は発毛剤の処方だけを比較すると同額の1万円から始められます。
もしもこれ以上の治療が必要な場合は、3万円は必要になります。
この場合は強制はされないので、低予算で治療が受けられます。
クリニックでは専門医から治療を受けられるので、
安心を同時に買っていると考えるとコスパとしては
下手な発毛剤よりはとても良いです。

こちらのサイトを参考にしてみてください。⇒京都で発毛なら岡田佳子医院「メンズクリニック」
 

発毛クリニックに通うメリットとデメリット

自宅で発毛するのは手軽に出来るが、自己流になってしまいます。
専門医であると様々な患者や薄毛を診てきているので、効果への期待が高いです。
クリニックでの治療では、通院出来る場所にあるかどうかがです。
住んでいる場所が田舎で近くにクリニックがなく、通うのに時間がかかってしまう場合があります。

ただ最近では発毛クリニックを受診する人が増えているので、クリニックは増えてきてはいます。
敷居が高ったクリニックであったが、イメージが少しずつ変わってきています。
自宅で行えばいつでも気軽に行う事が出来て、クリニックのように通う時間を取る必要がないです。
その分を他の時間に回せます。自分で行うため、他の人に知られる事なく出来ます。

発毛の副作用について

万が一の副作用が出た場合に、頼る場所がないので自分で病院に通ったり等の対処をしないといけないです。
クリニックでは副作用等の起きないように検査を行ってから治療を進めていくので、副作用が出にくいので安心です。
万が一副作用が出たとしても、直ぐに医師に相談が出来るのもメリットです。諸評としては自宅で行う場合は、
将来に向けての抜け毛の予防や軽度の薄毛の段階で発毛が行えます。
クリニックでは発毛を目的にしているので、確実性を求めて本気の治療を求めている人には適しています。
自分で行う場合は問題がないが、クリニックで行うとクリニックによっては強引な勧誘がある所もあります。
高額な治療を強要されたり、通院を辞めた後でもしつこく勧誘してきたりするクリニックは少ないがあります。
この場合は少ないので、ほとんどのクリニックでは勧誘される事はないので安心して大丈夫です。

発毛剤、発毛クリニックに共通すること

どちらにも共通している事は、即効性がない事です。
1度行うと効果が出るものではなく、それは髪の毛にヘアサイクルがあるためです。
ヘアサイクルは3か月程で周期になっているので、
発毛するのに時間がかかるようになっています。
根気よく続けていく事で、ふさふさの髪の毛が手に入ります。
1か月や2か月でも効果が出ないのは共通していて、
最低でも3か月は行い6か月くらい続けると発毛していきます。

このため、直ぐに薄毛やハゲを隠したい人はかつらや増毛を行う方が
早く髪の毛が復活出来ます。
クリニックの方が医師が行うので即効性があるように思われるが、
実際にはどちらでも生えるスピードは同じになっているのです。

関連記事

    None Found