街で素敵なお庭を見かけて思わず立ち止まってしまうことはありませんか。もしそんな経験をお持ちであれば、あなたはお庭に関心があり満足のいく造園によって幸せになれるかたです。この機会に造園について考えてみませんか。

造園する目的について

 まず成功する造園工事のポイントは、どうして工事したいのかという目的を明確にすることです。造園というのは凝り出せは色々なところに凝ることができます。しかし目的不在のまま工事をすすめてしまいますと、費用はかかったものの、なんだかちぐはぐな印象の庭になってしまうこともあります。これではお金も時間ももったいないですね。

例えば、「果物を庭で育てて家族と食べたい、近所でお世話になっている方にその果物をプレゼントしたい。」という方であれば、葡萄などを植えてもよいでしょう。「花は大好きだが実際にはなかなか庭のお手入れをする時間がない。」という方は、土の部分を減らしておくと雑草などの面倒が少なくなります。

メンテナンスについて

 次に成功する造園のポイントですが、それは、メンテナンスについて、しっかりと工事の際に考えて置くことです。造園は作って終わりでありません。もちろん、例えばご依頼主の好きな樹木を植えるというのは、造園の一番の楽しみでもあります。嫌いであったり苦手な樹木に囲まれて生活する必要はないので自由に選んでかまいません。しかし、最低限、その木の性質をしっておく必要はあります。今は苗木で小さな木でも驚くような大きさに成長する木もあります。成長が早く、毎年剪定が必要な木もあります。その際は、高枝切りばさみなどを活用し自分で行うのか、その都度業者にお願いするのか、それによっても長期のメンテナンス費用は変わってきます。

 また、特に大切なことはご近所の方への心配りです。落葉樹であれば当然秋には葉が落ち、下に散らばります。落葉樹が隣家との境目にあると落ちた葉っぱが隣家に落ちることになります。自分で植えたものであれば、落ち葉の掃除も納得の上にできます。しかし、隣の家の落ち葉が敷地内に大量に落ちていたらやはりいい気分はしないものです。また害虫などが発生することもあります。虫に強い植栽を選んでおくことも必要です。特に都心部であればあるほど隣家と密着していますので、注意が必要です。せっかくの造園がトラブルのもとにならないようにしてくださいね。


正しいメンテナンスなら福岡 造園がオススメです




おすすめのアイテムについて

 次は造園におすすめのアイテムについてです。まずは人気のウッドデッキ・テラス。広さによってはバーべキューなどもできます。ただバーベキューは煙なども出ますので、近隣には気を配りましょう。とくに日当たりのよい場所に設置できる場合には家族がくつろげるスペーストなり、大変おすすめです。ウッドデッキは人工木タイプと天然木があります。人工木はメンテナンスは楽ですが、夏場は歩けないぐらい暑くなります。夏場ウッドデッキでお子様とプールなどをしたいと考えている方は人工木ですと難しいかもしれません。

 また、ガーデンルームもおすすめです。ガーデンルームは室内にいながら外の日差しを直接感じられるとっておきの場所として、人気があります。ガーデンルームは実際には3畳ほどの小さなスペースであることが多いのですが、その広さ以上に価値があります。子どもがお日様のもと元気に活動できますし、お天気が不安な日に洗濯を干したりと主婦にとってもうれしいスペースです。

造園費用について


 最後に造園費用についてです。業者の方に希望をお話して見積もりを出してもらいます。電話だけでは伝わりませんので実際に来てもらいましょう。見積もり額は、30坪で50万円~200万円程度です。施工内容によって価格は大きくかわります。一般的に細かく見積もりを出してくれる業者は良心的なところが多いようです。見積もりを提示された際には、後から追加費用がないか確認しておきましょう。

関連記事

    None Found