ナースバンクサイトというものをご存知であるでしょうか?名前の通り、看護士関連のサイトでありますが、
一体どんなものなのでしょうか? ナースバンクのサイトについて伝なものか紹介します。

1 ナースバンクとは一体何か?

まず、ナースバンクというのは看護師専門の求人紹介所であります。
看護師の資格を持っている人であればだれでも利用できるようになっているもので、すべて無料で使用できるようになっているところです。
また、求人の掲載料や人材紹介料に関しても求人側である病院等からも徴収していま線から、多くの病院も看護師を探す手助けをしていることもしています。
全国的に不足している看護師について、人材供給を活性化させるために作られたもので、看護師と病院をつなぐ架け橋となっているものです。

2 どんなところが運営しているのか? 規模はどれくらいか?

ナースバンクは公益社団法人である日本看護協会が運営しているものです。
運営している人材は基本的に看護師の方が
運営していますから、看護に関してとても専門的であり看護師の方のことをよく知っている方が運営していますので
プロフェッショナルな運営や支援が期待できることろです。
税金の投入されている期間ですので、運営が厳しくなってサービスがなくなるような心配も少ないです。

ナースバンクは全国47都道府県に存在しており、ナースセンターとして各都道府県に1つずつ設置されており、
各都道府県に配置されているナースセンターは都道府県から委託を受けた看護協会によって運営されています。
全国的に展開されていますから、どの都道府県の求人も基本的に網羅していますので色々な地域で仕事を探すことができる強みがあります。
この辺りは民間の求人サイトにはない大きな強みです。

参考 ナース人材バンクで転職成功?口コミを紹介!

3 支援内容は?

ナースバンクは先に書いたように看護師の求人について掲載していることが主な内容ではありますが、その規模というのは
民間企業でもなかなか及ばないレベルの規模であり、年間で8万件規模の求人を扱っているといわれています。
特に地方の求人が強く、全国にサービスを展開している古都や求人料金などがかからないこともあって資金が少なかったり知名度が低い
病院にとっては大変ありがたいこともあって、利用が多くあるからこそ地方の求人が豊富なのです。
また、求人の掲載だけではなく何か就職や転職の際に不安があった時には、それに対応してくれる看護師資格を持つ相談員がいるのが強みです。
看護師の相談といっても、特殊な職場なのでなかなか現場を知っている人や、中身を知っている人がいないため相談はしにくいものです。
そんなときに、看護師の気持ちをきちんと理解してくれる人というのは心強いものです。
ナースバンクでは現場を知っている支援員の支援が受けられるのも強みです。
その他にも、必要な研修も受けることもできます。

4 インターネットからも求人検索ができる

また、ナースバンクはインターネットで求人検索が可能な「e-ナースセンター」というサービスがあります。
有効期限が半年のサービスですが、自宅でも仕事を探せるので仕事検索も簡単にできるので仕事探しが円滑になります。
わざわざ、ハローワークのように案内所に言って探す必要もないので、ゆっくりと仕事を探すことができるでしょう。

ナースバンクとは看護師の働き場と病院が人材を探すのに最適な支援機関なのです。
その他にも、多方面で看護師の支援などを行っていますので看護師の方であるのならぜひとも一度は登録してみて損はないと思います。
民間の企業と併用して活用するとより効果的に仕事を探すことはできるのではないかと思います。

関連記事

    None Found